ブログ一覧

才能は自分で見つける事ができるのか

才能は自分で見つける事ができるのか

明けましておめでとうございます!

1st Step ミュージック 根本です。

あっという間に三が日も終わり、仕事始めの方も多いかと思いますが、皆さんは年末年始をどの様に過ごされましたか?
僕は1年ぶりに実家へ帰省して、自然に囲まれリフレッシュしてきました!
ということで、
本年もどうぞよろしくお願いいたします(^^♪

 

さて、前回のブログでは、1st Step ミュージックの特長である『講師の強みに特化した音楽教室』の、【強み】について書きました。

簡潔に強みを定義すると、

強みとは=『才能』を『知識と技術』で磨き上げたもの

です。

 

今回のブログでは、この中の『才能』について焦点を当て、才能の発見の仕方まで掘り下げていきたいと思います。

それでは、前回のブログの復習もかねて、才能の定義について書きますね!

才能とは=無意識に繰り返される『思考・感情・行動』のパターンであり、何かを生み出す力を持つ資質である

 

少し分かりづらいので補足すると、生まれた時から持っている、その人特有の『考え方・行動』の事であり、
個性ともいわれる、その人独自の『特徴』の事です。

普段の生活の中で、「あの人は個性的だよねとか、こんな特徴あるよね」など、話したことがあるかもしれません。
因みに、生まれつき持つ特徴ということは、決して人と比べた優劣ではありませんのでご注意を!

 

ではでは、ここから本題に入ります。

才能は自分で見つける事ができるのか?

あなたは、自分の才能をハッキリと答えられますか?

 

う~ん・・・
得意不得意は分かっても、「才能と言われると明確には答えられないな~」という方も多いかと思います。

 

では、果たして才能を見つける事はできるのか・・・

 

結論から書くと、

才能を見つける事はできます!!

しかもそんなに難しくありません。
才能は見つける事より、活用方法を知る事の方が大変かもしれません。

 

これから才能の見つけ方について説明していきますが、その前に才能について詳しく見ていきます。

才能とは

生まれつき持っているもの(先天的なもの)
・物事に対する、その人特有の考え方
・物事に対する、その人特有の行動
・物事に対する、その人特有の感情

になります。
生まれつき持っているものなので、絶対音感やリズム感、運動神経・記憶力なども含まれる場合がありますが、
勉強や練習によって、後天的に身につけたものと混同しないように注意して下さい。

 

 

では、才能の例を3つ挙げてみますね!

【1】Aさんがあなたに『頼みごと○○』をしました。

これを受けてあなたが

・考えた内容
・起こした行動
・起こった感情

これ自体が才能です。

次に、Aさんが先程と全く同じ『頼みごと○○』を他の人にしたとします。
これを受けた人はあなたとは違う

・考えた内容
・起こした行動
・起こった感情

がある事が想像できると思います。
もちろん、これもその人の才能です。

ということは、逆にあなたと同じような才能を持った人もいるという事です!

 

 

もっと具体的な例も挙げてみます。

【2】あなたは楽器を上達したいと考えました。どうやったら上達できると考え、行動しますか?

こんな風に考え、行動する方がいるかもしれません。

・初めから先生に習うのが良さそうだな~・・・近くの音楽教室に行ってみよう!
・自分でできるかやってみようかな~・・・教則本を買ってみよう!
・とにかく弾いてみたい~・・・楽器買いました!

これは全部、その人の才能がなせる業です。
面白いですよね!

とにかく弾いてみたい~・・・楽器買いました!
は、見方によってはものすごい行動力です(笑)

 

才能は、本人にとってはあまりにも普通過ぎるため、気付かない場合が多いです。

本人に自覚がないため、才能を見つける事が難しいと感じたり、特別な人だけが持つ天才的な能力だと、勘違いしてしまうのかもしれませんね。

 

 

最後に馴染みのある例も挙げてみます。

【3】自分の事を『外向的or内向的』どちらだと思いますか?

・外交的な人(社交的と置き換えてもOKです)
・内向的な人(人見知りと置き換えてもOKです)

もうお分かりですね(^^♪

そう、どちらも才能です!

 

一般的には、外交的(社交的)な方が良いとされる時が多いと感じるかもしれませんが、
内向的(人見知り)な人は、仲良くなるとより深く親密な関係を築く方も多いです。

どちらが良い才能なのかと尋ねられたら、その人の置かれた環境によると答えるのが正解ですね!

 

どうでしょうか?
才能の中身と同時に、才能を見つける事がなぜ良いのかも分かってきた気がしませんか?
才能とは先天的な資質なので、逆らうよりも、才能を活かすようにした方が、格段に早く能力が向上したり、目標を楽に達成することができます。

ですので、何かを習得する時の順番は、

1.才能を見つけ
2.才能を活かす形で、『知識・技術』を学ぶ

のが理想です。
これができたら、あなたにしかできない強みが身につき、生きていく上での一番の武器になります!

 

 

それでは、ここで才能発見方法の一つである、

タイムライン(Time Line)

というやり方を紹介します。

 

タイムライン(Time Line)

タイムラインには、3つの異なるカテゴリーのタイムラインがあるのですが、今回は核となる
幼少期から青年期のタイムラインのやり方を説明します。

ご自身の年齢に合わせて、(幼少期から青年期など)人生の区切りの良い期間ごとに区切った上で、
以下の質問に答えてゆきます。

・初めて行ったことで、最初からずば抜けて上手くできたことは何か?
・他の人が、あなたの能力に気づき褒めたことは何か?
・家族や先生、友達などの他者から、あなたは大人になったら何に向いていると言われたか?
・学校や課外活動で、楽しかった教科や活動は何か?
・将来の夢は何か?
・尊敬していた人はだれか?

これらをノートに全て記録してください。

何故この質問が大事なのかというと、本人にとっての才能は、あまりにも当たり前すぎて気付いていないからです。
そのため、この質問に答える事によって、あなたの才能に関するヒントが必ず見つかりますよ!

才能が見つかれば、あとは『習得したい事・なりたい職業・叶えたい夢』など、1人1人の目標に合わせ、
才能を活かす形で『知識・技術』を学ぶだけです!

 

因みに、僕の才能をタイムラインで調べたところ判明した一例は、

・1つの事を深く考え追求する
・自分の事も、他の人の事でも、人の得意な事を発見・活かすことができる
・周りに流されず、自分のやりたい事を見つけ、実行できる

でした。

 

この(先天的な)才能を活かす形で、(後天的に)ギター演奏や音楽教育、他の人の才能の発見・活かし方を学び、
1st Step ミュージックを作るに至りました。

 

才能の見つけ方について、如何でしたでしょうか?
今回のブログで、ご自分の才能を発見するヒントが、少しでも見つかったのなら幸いです!

更に詳しく才能の見つけ方を知りたい方は、この本も参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

PS.
初お披露目、看板娘のハリ美です!

我が家で溺愛されています(笑)

看板娘 ハリネズミのハリ美

本年も どうぞ よろしくお願い申し上げます!!

 

1st Step ミュージック 音楽レッスンコース

レッスンコース一覧

関連記事一覧

  1. リトミックレッスン親子写真
  2. リトミックレッスン親子写真
  3. はじめてギターを弾くなら、初めから正しい知識・技術を習おう 市川市 ギター教室 1st Step ミュージック
  4. 牛タン料理 AKASAKA TAN伍
  5. ソルフェージュって難しい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP