ブログ一覧

(第3回)ソルフェージュ難民救済計画

こんにちは!
1st Step ミュージック
根本です。

皆さんソルフェージュについて理解が深まりましたか?

ソルフェージュって何?って方は、前回の記事を見てね!!

 

今回は、
相対音感を身に付けるための3つのポイントについて書きます!

 

 

 

(第3回)大人の為のソルフェージュ難民救済計画
〜相対音感を身に付けるための3つのポイント〜

 


POINT1
単音と和音を分けて練習する。

 

音には、単音(一つの音)と和音(二つ以上の音)

があります。

音大受験の聴音テストでは、

単音と和音が同時に流れる物もありますが、初心者には難しいです。

そのため、相対音感を一から付けるには、なるべく簡単な事から行うと効果的です。

『単音を聞き取る練習』と『和音を聞き取る練習』を分けて行う様にしましょう!

 

 

POINT2
聴音と視唱を関連付ける。

 

音を聞き取る能力(聴音)と音符を正しく歌う能力(視唱)の練習が、

相対音感を付けるための主な方法です。

そして、聴音と視唱には密接な関係があります。

具体的には、

「聴音ができる人(音を聞いただけで音程が分かる人)は、頭の中に鳴らすべき音がある人」です。

「視唱ができる人(音符を見ただけで正しい音程で歌える人)は、頭の中で歌うべき音を鳴らせる人」です。

つまり、「聴音と視唱ができる人」=「頭の中に音が定着している人」という事になります。

ですので、

『聴音』と『視唱』一緒に練習して、なるべく楽に相対音感を身に付けましょう!

 

 

POINT3
音楽理論も活用する。

 

相対音感とは、

基準となる音があれば音が分かる能力です。

そして、基準となる音との離れ具合で、音名を判断します。

基準となる音との離れ度合いを表すのに、音楽理論を使うと理解しやすいので活用しましょう!

 

 


まとめ

 

1.「単音と和音を分けて練習する」
最初から、単音と和音を同時に聞き取るのは難しい。

 

2.「聴音と視唱を同時に練習する」
聴音と視唱とは、どちらも頭の中に音を定着させる事

 

3.「音楽理論も活用して練習する」
音楽理論を使い基準音との離れ度合いを可視化すると、相対音感を理解しやすい。

 

いかがでしたか?
相対音感を身に付けたい時は、
この3つのポイントを押さえて練習して下さいね!!

 


 

第4回は、

聴音・視唱の現在の実力をチェックしますよ!

関連記事一覧

  1. エレキギターとアコースティックギターの違い 市川市 ギター教室 1st Step ミュージック
  2. リトミックレッスン親子写真
  3. 牛タン料理 AKASAKA TAN伍
  4. はじめてギターを弾くなら、初めから正しい知識・技術を習おう 市川市 ギター教室 1st Step ミュージック
  5. ソルフェージュって何?
  6. リトミックレッスン親子写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP